洗える帽子(洗っても大丈夫な帽子)をご紹介 !!

こんにちはStaff 北原です。

いよいよ夏本番、楽しいこと盛り沢山な夏。
ただ、一歩でも外に出たら汗だっら〜です。
(ただでさえ汗かきなんでw)

もちろん、額、頭にも大汗をかきますので
今回は洗える帽子(洗っても大丈夫な帽子)をご紹介です♪ 


ざっくり説明しますと、
自分はクラウンに芯が入って無くて、
コットン素材なら洗っても大丈夫だと思っています。

匂いや汗染みになるのが嫌なので
今の時期は被る度に洗っていますw
(多少の色落ちは味だと判断しそんなに気にしません)


洗い方は人それぞれだと思いますが、
洗濯機などは使わず基本手洗いになります。
自分は洗う頻度が多いのでむしろ洗剤も使いません。
バケツなどにぬるま湯を入れて、
そこに帽子を入れ、しっかり染み込ませてお湯を通す程度です。
デニムを洗う感覚に近いです。

しっかり洗いたい方は洗剤を少し入れて
優しく手洗いしてもいいと思いますが、
しっかり洗剤を流し落とさないとこれはこれで
シミになるので要注意です。
(この作業がめんどいので洗剤使わないのかもw)

あとは簡単に水を切ってそのまま外に干しています。


一応、今まで洗った帽子ですが、ご参考に。

http://shop.amazingstore.jp/eshopdo/refer/cid95s416m972.html
http://shop.amazingstore.jp/eshopdo/refer/cid113s668m975.html
http://shop.amazingstore.jp/eshopdo/refer/refer.php?sid=ns62452&key=DIMENSIONS
POLO RALPH LAUREN(近日入荷予定)、6PANELFLAT系
ロープロファイルキャップ(芯がないタイプ)など、
クラウンに芯が無いタイプの帽子はほとんど洗っています。


生地にウォッシュが掛かっていない帽子は素材の目が詰まったり、
中には色落ちしたりするアイテムもありますので
その辺は味だと思ってお試し下さい。
一応、洗う前には品質表示タグをご覧下さい。

逆にクラウンに芯がある59FIFTY9FIFTYなんかは
洗うことは全くオススメしません。

それと今回の記事に関して、
洗濯後の帽子の変化が少しでも気になる方には
オススメしません。
その辺は感覚なので変化などもご理解頂いた上で
お試し頂ければと思います。

(hayato)